マイルとか

モッピーポイント→MariottBonvoyポイントへの交換って便利なの?利用してみての感想

投稿日:

2020年12月16日から、モッピーで貯めたポイントをMariott Bonvoyポイントに交換できるようになりました

でも、使ったことないわ〜ていう方も少なくないのではないでしょうか?

私自身も、はっきり言って特別に交換レートがよいわけでもないし、「う〜ん、交換できる範囲が広がったのはいいけれど、正直利用することはないかな」と思っていました。

モッピーポイントはやっぱりJALマイルに交換するのが得策という意識も根強かったですし。

……でも、結局利用することになりました(汗)

そこで、その使い勝手や「交換する価値ってあるの?」というところまで、実際に交換してみて感じたことをお伝えしたいと思います。

無料宿泊特典が無理ならポイント宿泊

陸マイラーや旅好きにはお馴染みのMarriott Bonvoyアメックスカード(旧SPGカード)の数あるメリットの中でも、なんといっても際立っているのは更新ごとに付与される系列ホテルの無料宿泊特典でしょう。

この無料宿泊特典を利用する際、できるだけグレードの高いホテルに泊まりたいのが人情ですよね。

ですが残念ながら、無料宿泊特典の対象となるのは、Marriott Bonvoyポイント(以下MBポイント)を利用して宿泊する場合に1泊50,000ポイント以内となるケースに限られます。(ただし別途15,000ポイントを上乗せして1泊65,000ポイントまでとすることも可能)

カテゴリー制が廃止された2022年3月29日よりも前には、宿泊料金が安くなるオフシーズンを狙えば全8カテゴリー中カテゴリー7までのホテル、スタンダードシーズンであればカテゴリー6までのホテルが対象となりました。

最上級のホテルに泊まりたい!繁忙期に泊まりたい!といった場合には無料宿泊特典は利用できません。

今年分の無料宿泊特典はもう使っちゃったという場合にももちろん利用できません。

そんなときの代替案として出てくるのが「ポイント利用での宿泊」です。

厳密にいうと、通常の宿泊料金のほうが、ポイント宿泊の場合に必要なポイントを現金換算した結果よりも安いのであれば、ポイント宿泊にこだわらず普通に最安値で宿泊すべき。
でも、高級なホテルであればあるほど、ポイント宿泊のほうがお得なケースが大半といった印象を受けます。

現金支出はとにかく避けたいと考える「手出しなし派」にとっても、ポイント宿泊は無料宿泊特典を利用できないケースにおける次善策といえるでしょう。

ポイントアドバンス制度と相性◎

コロナ禍でMBポイントが貯まりに貯まっていた我が家。
この際、普段はなかなか泊まれないような高級ホテルに泊まろう!と計画を立てました。

とはいうものの、息子が就学前だった頃には親の休みの都合に合わせて旅行していましたが、小学校に上がってからは学校の休みに合わせざるを得ないことに。

世間のピークシーズンと丸かぶりする日程でしか動けず、一番割高な時期に泊まるほかありません。

子どものいる家庭共通の悩みですよね(>_<;)

結局、G.W.という超ピークシーズンに、1泊10万ポイントという(私としては)あり得ないレートでしぶしぶ予約することに。

5泊6日。ポイントで4泊すると5泊目が無料になるという特典を利用しましたが、それでも40万ポイントが必要でした

せっせとポイント蓄財に精を出していたこともあり(≒たくさんショッピング)結構なポイントが貯まっていたとはいえ、残念ながら40万ポイントには全然足りていない状態。

それでも一定の時期までに必要なポイントを貯めて充当できればOKという制度「ポイントアドバンス」により、ポイントが当面不足していても予約可能です。

期限までになんらかの方法で必要ポイントを貯めるわけですが、その「なんらかの方法」の一つとして新たに加わったのがモッピーポイントからの交換です。

言葉はあまり良くないかもしれませんが「ポイントをかき集められる」方法なので、期限までに必要ポイントを用意しなくてはならないポイントアドバンス制度と相性がいいといえるでしょう。

ポイント不足の危機を救うモッピー

でも実は、期限までには必要ポイントを用意できるだろうとその時点では見込んでいて、心配もしていなかったし、何か特別なことをしてポイントを補充しようとも考えていなかったんです。

ところが、G.W.の旅行に先行する形で北海道スキー旅行を計画したことで状況が変わってきました。

北海道スキー旅行にもポイントを投入することになり、このままだとポイントが足りず予約がキャンセルされてしまう……!!!という事態に。

こ、これはマズい……!!!
航空券も購入済みなのに〜!

そこで対策として浮上してきたのが、2020年12月16日からスタートしたモッピーポイント→MBポイントへの交換制度の活用です。

ちょうどその時期にポイント30%増量キャンペーンが開催されていたことも追い風となりました!

 

しかもしかも、2021年7月1日からは、ひと月当たりの増量対象交換ポイント数上限(10,000Pまで)も撤廃!

 

上の絵が、こうなりました↓

20210701以降キャンペーン概要

なんたる幸運……!この大チャンスをありがたく利用させていただくことにしました。

瞬速!ほぼリアルタイムで交換完了

とはいえ、気になるのはポイント交換にかかる日にち。ポイントをマイルに換えるとかその逆とか、反映されるまでに短くても3日くらいはかかるのが一般的ですよね。

モッピーポイントからMBポイントへの交換の所要期間は1〜2日間とアナウンスされており、かなり短い部類。

ところが実際には…… それ以上の速さ!

キャッシュバック申請確認の手続き(届いたメールに記載されたURLにアクセスする)を済ませるやいなやMarriott Bonvoyのアカウントに反映されるというほぼリアルタイムの最速パターンでした!

初回に限っては審査に多少時間がかかるとのことですが、私の場合は初回すらほぼ即時でした!

これはあくまで私が交換したときの話なので、誰がいつ交換しても同じとは限らないかもしれませんが、たとえリアルタイムでなかったとしても翌日か翌々日には反映されるなら十分に速いですよね。

モッピーポイントをしっかり貯めてあることが前提ではありますが、このスピード感ならいざというときにも頼れそう!と思いました。

交換レートは普通。でも使い勝手良し

私がポイント交換したタイミングはたまたま増量キャンペーン中でお得でしたが、普段は1モッピーポイントが1MBポイントという1:1の比率での交換となります。

悪くはないけど特別良くもない。普通だな〜って感じでしょうか?

Marriott Bonvoy側での制度変更もあり、MBポイントの価値が下がる場面が増える可能性も予想されます。

それに、現金支出は一切ダメ!というのでなければ、年に数回の頻度でMarriott Bonvoyが開催するセールで割安にMBポイントを買うという手段だってあります。

セールごとの購入レート、その時々の為替レートにもよりますが、モッピーポイントからの交換よりも割安となる場合が多そうです。

それやこれやを考え合わせると、個人的な意見ですが、増量キャンペーン中でなければ積極的に活用しようとまでは正直思えません。

ですが、使い勝手は抜群に良い!と感じます。なにしろ実質的にリアルタイムで交換可能なわけですから!(※これはあくまで私のケースですので、必ず即日反映されるとは限らないことにご注意ください)

モッピーからの交換が吉なケース

ケースバイケースですし、考え方も人それぞれなので一概にはいえませんが、モッピーポイントのMBポイントへの交換に大きなメリットを見出せるケースとしては次のようなケースが考えられそうです。

Marriott Bonvoyセール期間外

前述のとおり、わざわざモッピーポイントから交換しなくても、MBポイントは直接購入が可能です。

ただ、1,000ポイント購入するのに12.5米ドル支払いというドル建てのため、1ドル=80円という超円高(振り返れば1ドル=79円なんていう記録的な円高も過去にあるにはありましたが……)でない限り、1ポイントを購入するのに1円以上かかる計算。

通常モッピーポイントは1ポイント=1円の価値があるので、1MBポイントが1円よりも安く買えるセール期間中でなければ、モッピーポイントから交換したほうがお得ということになります。

moppyの特徴

MBポイント年間購入上限に達している

MBポイント購入には年間5万ポイントという上限額があります

ポイントは自分用に購入するほか、アクティブな他の会員アカウントへのギフトとしても購入できますが、自身による購入とギフトとして受け取ったポイントは合計で1暦年に最大50,000ポイントまでとなります。

(Marriott Bonvoy公式サイトより引用)

セールが開催されると「特別に10万ポイントまでOK!」とか上限拡大される傾向ですが、とにかく無制限には購入できません。

もう買えないのであれば、どこかから引っ張ってくるほかないわけで、モッピーポイントからの交換という手段はそんなときに真価を発揮します。

とにかく急いでいる!

MBポイントを購入する場合、購入ポイントがアカウントに反映されるまで1日から2日程度かかります。

「今日がポイントアドバンスの期限日なのに……!」
「狙っていたホテルの必要ポイント数が減ったから、この機を逃さず今すぐ予約&ポイント充当したい!」
といったようなケースでは、そんなに待てませんよね。

その点、モッピーポイントからの交換なら、保証はできませんがかなり高い確率で(少なくとも私はその後も何度か交換してみましたが毎回そうでした)リアルタイム並みに迅速に反映されるので、一刻も早くポイントを手に入れたいという場合にはモッピーポイントからの交換が有力な候補となるでしょう

何がなんでも現金は使いたくない

現金払いとポイント利用のどちらがお得だとかそういった比較によるのではなく、とにかくお金を使わずに泊まりたい!という考え方もあるはずです。

厳密にお得度No.1を狙うのではなく、「気持ち的なお得感」を最優先するということですね。

旅費はポイントで賄うという自分なりのルールに則って工夫するのは、株主優待をめいっぱい活用する楽しみと似ているような……。
そういった視点から、私としてはよ〜く理解できます!

そうした場合にはMBポイントが足りていなければ他のポイント(=モッピーポイント)を活用することになるでしょう。

MBポイントに交換する際の注意点

モッピーポイントの交換申請は1日1回までと定められています。

そのため、最大交換単位が5万ポイントのMBポイントの場合、1日当たり5万ポイントが上限となります。

翌日になればまた最大5万ポイント交換でき、その次の日も、そのまた次の日も……。

「何回まで」とか「年内に何万ポイントまで」とかいった制限は設けられておらず、理論的にはどれだけでも交換できるというのは嬉しいですね!

モッピーポイントからの交換の意義

モッピーポイントからMBポイントへの交換という制度のスタートは、もともと数多くのポイント交換先があるモッピー側からすれば単に交換先が一つ増えただけといえます。

ですが、Marriott Bonvoy側からすればほとんど革命的といえるのではないでしょうか。

なにしろ、ざっくりいうと従来は

  1. 系列ホテルに宿泊する
  2. カード決済する
  3. ポイント購入する

くらいしかポイントを貯める手段がなかったところ、別のポイントから交換できるようになったのですから!その意義はかなりのものですよね。

私としても、実際に利用してみて、ここぞ!のときにおおいに活用したいなと思うようになりました!

まだモッピーに登録してないわ〜という方はこちらからどうぞ↓
手出しゼロで利用できる♪話題のポイ活始めるならモッピー!
モッピーのサイトを経由してザクザク貯めたポイントは
JALマイルをはじめ楽天ポイント、Amazonギフト券など
30種類以上の交換先への交換が可能です。 

・通常ポイント交換レートはごく普通。
・MBセール期間を除けば、MBポイントを直接購入するよりお得。
・交換反映まで1〜2日。実際にはほぼリアルタイムということも。
・貴重なMBポイント獲得手段。

-マイルとか

Copyright© 旅コンシャス , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.